« 子どもの興味関心を(5) | トップページ | (閑話休題)今小・中学校教育は »

子どもの興味関心を(まとめ)

=自戒を込めてそっと一言=

子どもを授業に引きつける(興味関心をもたせる)ためには?

学校教育は、多くの問題を抱えていますので、子どもを授業に引きつける作戦を立てたり、実践したりするのはとても難儀なことです。しかし、このことが先生として一番重要事項ではないでしょうか。

少なくとも、次の3点については気を遣いたいものです。

① せめて学期一度は(研究授業のときなど)、子どもを引きつける授業について、本音で追究してみる。

② 授業に子どもを引きつけるための情報(先人の研究成果など)に、常に留意している。

 「先生大好き」と言われる先生になることを心に秘めている。

・先生は多忙ですから、毎時間子どもを引きつける授業の追究をするのは無理です。学期一度の研究でも、それが他の授業にも生きるはずです。

・自分でゼロから研究するのでは、手間暇がかかりすぎます。書籍とか、教育関係のメディアとか、研究発表会とか、研修・研究会とかから、子どもを引きつけるためのノウハウを学ぶことが能率的です。子どもを引きつけた授業をモデルにするといいでしょう。

・嫌いな先生の授業には、熱が入りにくいものです。先生は、まず子どもに好かれなくてはなりません。興味関心は、好きな先生の授業ならばこそです。

|

« 子どもの興味関心を(5) | トップページ | (閑話休題)今小・中学校教育は »

学校教育(先生)」カテゴリの記事

コメント

HIDEさん、トピを読ませて頂いていた者です。
HIDEさん、私自身はもう、所謂、親の立場(現役の保護者)では無いのですが
成人した子が小6の時、凄まじい苛めにあっておりました

>大好きな先生が言えば、素直に聞けることも、嫌いな先生から言われれば、正しいと思ってもなかなか従えず、かえって反対の行動をとることもあるのです。

はい、仰る通りです。
クラスのいわばボスたるグループは、悪態ついても、それでも
愛に飢えているように私には見えました。「試している」風に見えました。

彼らは、彼らに向き合ってくれる先生には、体罰すら、受け入れていたのです。「せんせい、ごめんな」
自分たちが壊した机なども、後で修理したり。掃除したり、ですね。


全ての教師は、その数だけ、対峙法も、姿勢も違うでしょうが
私は、古いかも知れませんが、教師は聖職だと思います
そうあって欲しいです

子と関わる場を選んだなら、全ての熱意を注いで欲しいと願います

私が関わらせて頂いた幾人かの先生の中にも、HIDEさんを彷彿させる善き先生が、いらっしゃいました。

「もしかして、○○先生?」って、掲示板じゃなければ、問いたいくらい(^^

現役時代の貴方は、学校、保護者、多忙と実務、精神的圧迫、リアルの中、
ベストを尽くされ必死に取り組んでらした様子が
拝読していて分かります、伝わりました。親サイドには分からない
学校側との軋轢もあったでしょう?


私はもうシニアと呼ばれる年齢ですが
今の子どもさん達を見ていて
胸が切なくなります

抱き締めたいって思う様な、荒んだ瞳の子どもさんを見る事があります

親を睨む怒りの表情を浮かべる子どもさんも沢山目にします


苛める側も苛められる側も、紙一重の差。
また、どちらであっても、そうした体験は、彼らの中に負のαを
植えつける気がしてならないのです

乗り越え自分の明日に繋げられるお子さんばかりではありませんし。

色んな教師トピを拝読してきましたが
生の声、自己正当化、言い訳の無い理念、貴方にそれを感じた次第です


HIDEさん、終了と知り、突然ですが、どうしても書きたくなり
お邪魔しました


お疲れ様でした

どうぞ、御身体、大切になさって下さいね


感謝
TO KIDE先生

m(._.)m


私もヤフー掲示板にてトピを立てております。
もしよろしければ、遊びにいらっしゃいませんか?気楽に、映画や本、思想、哲学、宗教など
HIDEさんのご趣味など聴かせて頂ければ嬉しく
思います。掲示板に書き込みましたが、諸事情あり、削除し、こちらに投稿させて頂きました。

投稿: noe_seitou | 2009年1月19日 (月) 02時58分

To  noe_seitou さん From HIDE

身に余るコメントありがとうございました。

現職時代の楽しい想い出はいっぱいありますが、反省したり、心を痛めたりしていることも、多々あります。

消え去った者が、余分なことをと言われそうですが、それでもそっと言っておきたいと思い、小声で駄弁を労しました。
noe_seitou さんにコメントをいただき、だいぶ気が休まりました。

しばらく、スローライフを楽しみます。

投稿: HIDE | 2009年1月19日 (月) 14時56分

HIDEさん、早速コメント有難うございます。昨夜は、トピの方に投稿したのですが、削除しました。理由を書かず、諸事情とのみ記したこと、ご無礼だったたと思い、簡単にお話させて下さい。
本来、私の子はいじめからメンタル面を病み、今も入院加療中です。ヤフー掲示板でトピを立て、他の教師や医師の方に相談もしました。今、新たに全く無関係のトピを立て「野枝」として活動再開しています。私自身が、ストレス発散口を求めたのと、掲示板上で、一時期、娘を批判された事もあり、私の文章の癖から、娘に類が及ぶのを避けた為です。家族にも不快な思いをさせました。
私自身の短慮の所為です。
プロはプロに。医師に任せておりますが、藁をもつかむ気持ちで掲示板にトピ立て、失敗と終わりました。教師の方のトピにも伺った事があるのですが、そこでも「教師は万能じゃない。そこまで
求められても困る」と反論の嵐。
娘の教師は数人は本気で向き合って下さいましたが、最終的には、学校側の意向で「これ以上は関わるな」と指示。本当に難しい職業、立場だと
推測します。
申し訳ありません。私事ですが、掲示板削除した件と理由を述べさせて頂き、お詫び致します。
スロウライフ、楽しまれて下さいね。
人生は甘美なもの。こう最後に呟いて、終わりたいものですね。
誠実と熱意が伝わるようなHIDEさんの文章に触れ、気持ちが前向きになれました。有難うございます。お邪魔しました。

投稿: noe_seitou | 2009年1月19日 (月) 21時26分

To 野枝さん From HIDE

(野枝さんwrote)「私の子はいじめからメンタル面を病み、今も入院加療中です。ヤフー掲示板でトピを立て、他の教師や医師の方に相談もしました。」

掲示板で、このことについて解決(心の安らぎ)を得ようとしても、しょせん(所詮)無理です。かえって、不快になるだけです。
・おもしろ半分から、揚げ足取りから、うっぷん晴らしから、偏屈な考え(思想)からなど、好き勝手なカキコミをしてきます。
・もちろんその中には、まじめな、真摯なカキコミもありますから、全く参考にならないとは言えませんが。

不登校についてはお手上げですが、いじめに関しては多少勉強しましたし、実践指導もしました。参考になることがお話できるかと思います。

このブログの趣旨とはずれますので、もしご希望なら直接HIDEへE-mailして下さい。

その旨、このコメント欄にカキコミして下されば、やはりこのコメント欄に、HIDEのアドレスを載せます。(ただし、迷惑メールを恐れますので、掲載は24時間とします)

お子さんは必ず快復します。かえって、今の難儀が将来の幸せな豊かな人生をもたらしてくれます。

投稿: HIDE | 2009年1月20日 (火) 10時46分

HIDEさん、本当に有難うございます。そうですね。私の現状は、病気の子、自殺企図、その他の
トラウマ、弊害、メンタルケア、また自分自身の
安定を望む日々かも知れません。子が生きてくれてますし、それが救いですが。
確かに掲示板で子の状態など書いて、マイナス面が勝ってしまいました。一時期、私も親子共々
「きちがい」などと揶揄されました。何より、子に申し訳なく反省しています。今、掲示板では
子のこと、リアルは一切触れておりません。
いじめに関しては・・・子が学生時代、HIDEさんの対応、具体策を聞いておけば、と後悔しきりです。まったく、真逆の対応をしておりました。
現在、子は既に三十歳。いじめと無関係の暮らし。通院もしくは入院。
とてもありがたいお誘い、感謝です。メールは
誰ともやっておりません。お気持ちだけに感謝。
またロムさせて下さい。トピは終わっても、ここは続けられるのですよね?読ませて頂きます。
健闘とご健康を祈って。。

投稿: noe_seitou | 2009年1月20日 (火) 19時52分

To 野枝さん From HIDE

何回もにわたるカキコミありがとうございました。今後もこのブログにアクセスしてくれることを願っています。
学校教育(小・中)について、自戒を込めてそっとカキコミをしていきます。

なお、「豊かな心の子育て」というブログでもカキコミしていますので、そちらへのアクセスもよろしく。
アドレスは次の通りです。http://masatati303.at.webry.info/

野枝さんとご家族のご多幸をお祈りします。

投稿: HIDE | 2009年1月22日 (木) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもの興味関心を(5) | トップページ | (閑話休題)今小・中学校教育は »