« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

部活動(5) 授業前の部活動は、サービス前行か?

「朝練(授業前の部活動)は、サービス前行でしょうか?」*前行=勤務時間前の行事
(造語)

・日本の先生方ほど、勤務時間を無視してがんばる方々はいないのではないでしょうか。(それも優秀な熱血漢ほど)
・これはとてもありがたいことですが、「ほしがりません勝つまでは」とがんばって、国を疲弊させた過去のことを思い出してなりません。(お若い方は意味が分からないか)
・ネバーギブアップでがんばればいいというものではありません。
人間の生体には限度があります。(過労死というほどでなくとも)

それはともかくとして、

・朝練を済ませての身繕い、

・教室(校内)の見回り(子どもの様子の観察)、

・職員朝礼(先生方の打ち合わせ)、

・朝の学級の時間等を経て、一時間目の授業です。

今現職時代を振り返ってみますとよくまあこなしてきたものだと我ながら感心しています。2031 

 (きっとどこかに手抜きがあったのでしょう)

| | コメント (0)

部活動(4) 汗臭いTシャツ(体操服)

 現職の頃、朝練(授業前の部活動)を終えて、そのまま汗臭いTシャツで数学の授業を受けている子どもたちを見ると、不快を感じるというだけではなく、とても可愛そうな気がしました。(HIDEは、卓球部の顧問で、朝練は自分は汗をかかず、口先だけで指導してました。特に夏場は)

・もちろん、シャワーを浴びて着替えるなどというゆとりは、当時の日本の中学校にはありませんでした。(時間的にも設備的にも)

紳士・淑女を育てることを目的とする中学校として、いかがなものかといつも頭の片隅を離れませんでした。
(慣れというものは恐ろしいもので、子どもたちが、登校から下校まで、薄汚れたTシャツで過ごしていても余り苦にはなりませんでしたけど)

諸外国、特に学校教育を大事にしていいる国(フィンランドなど)
はいかがでしょうかねえ。2074 

朝の読書、朝の第一時間目の授業などは、清潔ですがすがしい気持
ちで始めさせてやることはできないでしょうか。

| | コメント (0)

部活動(3) 罰として運動場を3周

くだんのA君の母から、「小学校のとき算数が好きだったのに、中学になったら数学が面白くないと言い、テストの点もふるわないから」と、A君に数学を教えてやってくれと頼まれました。(HIDEは現職のとき数学担当)

・A君は、宿題以外は家でほとんど勉強していないとのこと。
・時間がないので、宿題もやれないことがある。(授業後の部活動があり、帰宅はいつも19:00前後とか、友達との道草もありそう)
・文字式の計算を教えようとしても、なかなか理解できない。
・チェックしてみると、正負の計算がよく理解できていない。
・どうも授業(数学)に集中できていないようです。
・過日も、1時間目の数学に時間に、眠り込んでしまい、罰として部活の時間に運動場を3周走らされたと言っていました。(幸か不幸か野球部の顧問が数学の先生。A君は顧問が嫌いではないようです)

 A君には、「朝練に耐えられないようなら、男として情けない。殺されるわけではないからがんばれ」と、言っておきましたが、朝練は、1時間目の授業に集中できなくなるディメリットがあるようです。

野球部だけの問題ではないでしょう。

朝練のあり方について学校全体で十分検討して欲しいものです。

| | コメント (0)

部活動(2) 朝食を食べられない

学校教育(中・高)における部活動は、子どもの健全な成長に大いに寄与します。    

 気力・体力を養う。 フェアープレー(ルールを守る)精神を培う。 礼儀正しい心を育てる。などなど。
 しかし、過ぎたるは及ばざるがごとし。学校教育における部活動のディメリットも問題となっています。

 知人の中1の息子A君は、毎朝食事抜きで学校へ出かけるので、母親がとても心配しているそうです。

・野球部に入っており、先輩たちの言いつけで朝練(授業前の部活動)のため、学校へ6:45に集合です。
・学校まで20分かかるので、遅くとも6:25には家を出ます。そのために、5:50には起きなくてはなりません。
・5:50にはなかなか起きられず、どうしても6:00を過ぎてしまいます。
・短時間のうちに身繕いと登校準備をしますので、食事を摂る時間がありません。おにぎりなどを作っておいて無理に食べさせるのですが、登校途中でもどしてしまったことがあるとかで、朝食が摂れません。
・心配して、カロリーメートを摂らせるなどしているようですが。

 子どもたちが朝食を摂らないことについては、文部科学省も憂慮しているようです。
A君が朝食を摂らないことについては、本人や家庭に問題があるとは思えません。2085
 

野球部だけの問題ではないでしょう。朝練のあり方について学校全体で十分検討して欲しいものです。

| | コメント (0)

部活動(1) 部活動の功罪

 学校教育(中・高)における部活動は、子どもの健全な成長に大いに寄与します。

しかし、過ぎたるは及ばざるがごとし。学校教育における部活動のディメリットも問題となっています。

メリットについては、周知の事実ですから多く語る必要はないでしょう。
 気力・体力を養う。
 フェアープレー(ルールを守る)精神を培う。
 礼儀正しい心を育てる。
 友情を育む。
 人間としての魅力を育成する。

 ディメリットを洗い出し、それについての適切な対応を検討し実行することなくしては、部活動を学校教育において、意義あらしめることはできません。
 意義あらしめるどころか、「諸悪の根源は部活にあり」というそしりをまぬがれません。

 「部活動(2)」以降は、部活動のディメリット(留意すべき点)について、カキコミしたいと思います。2084

 部活動は、子どもの健全育成のため有意義ですが、あり方を間違えると、諸悪の根源と言われるようになる。

 
 

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »